・スポンサーサイト ・余りにも惜しい ・風 ・30+30 ・秋の夜長に ・日本一 ▼もっと見る

RSS

カテゴリ:邦楽のエントリー一覧

  • スポンサーサイト

  • 余りにも惜しい

    タケカワは気まぐれ過ぎる、本人にソノ意識は皆無だろうが。名曲・佳曲を多々輩出する反面、駄曲・捨て曲もソレ以上に・・・。コレほどに落差の大きい作曲者も珍しい。あくまでも個人的解釈ですので、何人たりとも反論は許さぬ(笑)認知度は相当低いと思いますが、数多の人に聴いて欲しい超名曲を2つ。ドチラもTV(アニメ・ドラマ)のカップリング曲ですので、聴き覚えは有るかもしれません。Steffanie Borges - Remember My Love...

  • リアルタイムならコレになる。風 - ささやかなこの人生でもイメージ的には、コッチの方が強い。はしだのりひこ&シューベルツ - 風そんでもって、更に強烈なのがコレ。Blowin in The Wind - Bob DylanBlowing in the Wind - Peter, Paul & MaryBlowing in the Wind - RCサクセション後者3曲は、こじ付けっぽいですが”風”ってタイトルだと思ってたので許せ(笑)風をテーマにお送りしてきましたが、そっから引っ掛かったコレが一番だっ...

  • 30+30

    このスーパー・バンド(死語)が結成された当時、色んなスーパー・バンド(死語)が有ったとさ(笑)ドコがナニが?みたいな似非スーパー・バンド(死語)も有るなか、確かにスーパー・バンド(死語)でしたとさ(笑)ジミー・ペイジとジェフ・ベック、ナイル・ロジャースにブライアン・セッツァーが参加。でもどう考えても聴いても、ロバート・プラントの演りたい音楽を体現しただけのバンド。30年くらい前の、R&Bやロカビリーの...

  • 秋の夜長に

    洋酒系を手に、まったりと聴きたいものですな。ai kuwabara trio project - METHOD FOR...てか、今は秋じゃないし!傍らには焼酎しかないし!!分不相応なのですね・・・シクシク...

  • 日本一

    作曲家をどうこう言うつもりは無かった。単に、ここんとこ回顧主義に走ってる中での選択。誰の作品かと思ってググってみれば、あぁやっぱりなの大御所登場。平山みき - 真夏の出来事80年代以前のヒット曲なら、かなりの確立で彼の楽曲でしょう。あらゆる音楽のエッセンスと詰め込みながら、あくまで”歌謡曲”の範疇を貫く。音楽性とか問題外で、時代のニーズに合わせた”売れる”楽曲を生み出す天才。日本の作曲家では、売り上げ歴代1...

≪前のページ≪   1ページ/19ページ   ≫次のページ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。