・好みの変化 ・ おっさんには到底無理なホイホイ ・偶然の産物 ・おっさんホイホイ ・これならどうじゃぁ! ▼もっと見る

RSS

カテゴリ:洋楽のエントリー一覧

  • 好みの変化

    彼等の3rdアルバム、その名もズバリな「Third Stage」。発売当初は、全く好きになれませんでした。1stと2ndを聴き込んだ人間には、8年待った結果がコレかよ・・・的な。アノ唯一無二の、練りに練られた分厚いサウンドは見る(聴く)影も無し。メロ自体も軽く爽やか、なにトチ狂ってんねんと思ったものです。でも何度も(ホントに何度も何度も)繰り返し聴くにつれ、このアルバムの良さに気付いたのが15年後くらい。今では最高傑作...

  • おっさんには到底無理なホイホイ

    おっさんにも個人差は有ります、ひとくくりにしては失礼と言うものです。少々試金石的な意味合いや、今後の餌を見極める為の事前調査。NEKTAR - Recycledこれこそ偶然の産物の最たるモノ。この楽曲以外は”金返せ!”レベルの酷い代物しか見当たりません。でもしかしコレだけは奇跡、傑作と言うに相応しい。ちなみに18分近い大曲ですので念の為、難解では無いので聞き流せますけど。...

  • 偶然の産物

    カンツォーネ歌手で音楽プロデューサーらしい。検索してみると、全体的には私の嗜好とは結構なズレが。でもこの楽曲が収録されたアルバムは、所謂”プログレマニア”垂涎の名盤と語り継がれる。CATERINA CASELLI - Desiderare ヘタウマ系の歌い手だと思います。声に魅力が有る訳でも無し、然したる特徴も感じられない。アレンジ妙ってヤツですかね、佳曲です。...

  • おっさんホイホイ

    恐らくまた引っ掛かる事でしょう。France Gall - Poupée de cire, poupée de sonHM/HR人種としての意地でコチラも貼っとく。Therion - Poupée De Cire, Poupée The Sonまぁ後者は、ギャグとしては良い線行ってるかもしれません(笑)...

  • これならどうじゃぁ!

    妥協する気は毛頭無いが、好きなので(楽曲が)貼ってみます。「夢見るシャンソン人形」と迷いましたが、歩み寄り過ぎな気がして避けました。本当は「あなたのとりこ」が一番好きなのですが、動画(本当の映像)が無かったので。シルヴィ・ヴァルタン - アイドルを探せ60年代風に、全て邦題で表記してみました。昔は当たり前だった洋楽の邦題、今じゃ考えられないけど”名作・傑作(色んな意味で)”有りましたよ(笑)...

≪前のページ≪   1ページ/36ページ   ≫次のページ≫