RSS

新規開拓、そして検証

新感覚米沢ラーメン...
スープの一口目は赤湯ラーメンでした...
えっちゃん食堂細麺チョイスした感覚...

細麺かよっ!てな残念感も有りますが、スープにはソソられる要素もチラホラ。
試してやっても良いかも的な、虚勢を張った振りして初訪店。
脇目も振らずに食券機へと直行するあたり、只者じゃ無いと思われたに違い無い(妄想)。



スープ一口目からニボシが来ました、近頃巷を賑わす例のニボニボでは有りません。
古く(と言っても昭和時代?)から米沢に伝わる、伝統的なニボシです。
後はもう、済し崩し的に米沢ラーメンです。
らしく無いチャーシューと、半切りゆで卵が安住の地でしょうか。

麺の茹で加減なども相まって、かなり高レベルな米沢ラーメンの様に感じます。
魅力が分からない苦手民の意見なので、話半分に聞いて下さい。
あ、たまに食べれば美味しいとは思いますよ米沢ラーメンも。


翻弄された気がして若干憤慨しながら・・・
ところでアッチはどうなったの?そんな思いで振り返るとソコには!!!





しっかりと確実に、何事も無かったかの様に営業なされてました。
押すな押すなの大繁盛!とまでは行きませんが、いつも通りの客入りでした。
検証なので同じ醤油味を選択、さてどうなの?



嘗ては、かなり尖がったスープに感じたモノでした。
所謂 ”節系ガツン” では、ここいらでの先駆けと言えましょうか。
モチモチ太麺も、なかなか近辺で味わえる所は無かった。
こう言うスープが今や、古臭ささえ感じてしまう事に一抹の不安。

次々と新感覚のスープや麺が生み出され、それが主流になっていく。
余りにも目まぐるしく変わる流れ、なんかそう言うのを否定はしませんが違うというか悲しいと言うか・・・。


らーめん軒
住所 山形県米沢市門東町3-2-16
営業時間 11:30~14:30/17:00~19:00
定休日 火曜日

ホテルベネックス米沢 レストラン楓
住所 山形県米沢市門東町3-2-16
電話番号 0238-23-1518
営業時間 11:30~14:00
定休日 無休(臨時休業有り)

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3186:心配無用 by Kuro on 2012/10/30 at 10:47:11

米沢では新感覚が主流になるなんて有り得ません。
少なくともあと20年は。
今の店主が生きている限り、お店が存続する限り、十年一日の如く、同じ味のラーメンを作り続けるでしょう。
ただし、麺はどんどん柔らかくなりながら。
僕が米沢に来て38年。その間何か変わった?いいえ、な~んにも変わっちゃいません。
お店が減っただけです。

で、結局ドッチが美味かったの?
聞くまでもなさそうですが。

3187: by あきにゃん on 2012/10/30 at 20:46:20

なぜカラフル・・・?

3188: by 煽情力 on 2012/10/30 at 21:48:10

Kuroさん
私が米沢ラーメンを心配する訳が無いでしょ(笑)。
廃れようが全国一になろうが、知ったこっちゃ有りません。
ドッチに転んでも、私が得意じゃない事に変わり有りませんから。

スープはアッチ、麺はコッチみたいな迷宮のアンドロイド(笑)。
意外でしょ、なんか凄く大人しくなってしまってたんですよアッチ。
青海苔無いし、それは別に良いとしてもボヤっとした感じ。
どなたか試してください(笑)。

あきにゃんさんへ
カラフルと言うか、レインボーと捉えて下さい。
所謂確定演出です、今回に関してはより強い表現として用いました。
スロッターなら常識です(笑)。

▼このエントリーにコメントを残す