RSS

同時多発位置差攻撃

私ほどのレベルになると「あぁ来るな」とか「そろそろ終息するな」とか、察知するのは容易い事。
しかし今回は、いつもと勝手が違って難儀しました。
前兆を介さぬ即発展大当たり、舌を巻かざるを得ぬままにダウン。
ところが症状は意外に軽く、3日目には上記の「そろそろ~」を感じ取って一安心。
ここまでは良かったのですが、難儀したのはその後に起きた信じ難い現象。

スタートの左踝の終息を待たずに右踝、追い討ちをかける様に右膝そして右肩
更には、今回の目玉とも言える右手薬指まで攻撃の手は緩まず・・・ピ-ク時には箸も持てない有様。
どこか1箇所ならなんとか対処出来るのですが、流石にこれだけ複数だとお手上げです。
随分楽にはなってきましたが、まだヨタヨタ歩きながら鎮痛剤で凌いでいます。

これだけの目に遭いながら、僅かな時と共に記憶は風化するのでしょうな。

同時多発位置差攻撃


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3341: by kuro on 2014/01/31 at 19:04:08

そのような現象を、世間では「懲りない人」と言います。
風化したらホルモン大学に入学しましょ。まだ存在しているか未確認ですけどね。

3342: by 煽情力 on 2014/01/31 at 20:50:02

kuroさんへ
「懲りない人」ですか。
確かに、そう捉えられて当然かもしれません。
しかしながら、詭弁家の私は別の表現を提案したいと思います。
その表現とは「反面教師として日々勤しむ健気な人」デス(笑)。

ホルモン大学良いですね、行った事無いですけど安上がりに済みそうで。
身体の事など気にもしませんが、先立つものには相当シビアになってます。
春頃には打ち止めになりそうなのですが、その後のことは未だノープラン v-40

3343: by kuro on 2014/02/02 at 21:02:52

近頃は仕事で悩んでいる人が多く、死を考えている人もいます。
それで今は「死にたいとちょっとでも思ったら、仕事なんか辞めちまえ」と言っています。
既に仕事を辞めた人には騙されたと思われるでしょうが、命が一番。
プランはゆっくり考えれば良いのです。

「懲りない人」は自戒も込めてです。
酒を止めれば全てバラ色のような話をドクターにいつも聞かされています。
それでも毎日欠かさないってのは完全なアル中なのか、とてつもない頑固者なのか。
きっと両方なんでしょうね。

3344: by 煽情力 on 2014/02/02 at 22:05:20

kuroさんへ
死を考えるとか、愚か以外の何物でも無いと思っています。
みっとも無かろうが、周りに迷惑掛けようが死にたくは無いです。
別に幸せじゃ無くても良い、それでも生きていたい。
何かしら良い事が有るとか期待してる訳でも無いけど、ただ死にたくは無い。
そんな感じですかね、私は。

自戒を込めてたとは驚きです(笑)。
私は、人には言うけど自分は違うと思ってますけどね。
傍から見れば○○なんだろうけど、自分は認めない!みたいな?(笑)。
そんなモンじゃないですかね、人間なんて。

言いだしっぺは、責任持って試験日を決めるように v-306

▼このエントリーにコメントを残す