RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

”ほぼ” 最終形

Monitor Audio を軸に、どうにか格好が付いたと判断。
PL100 までは必要無いけど、Silver RX2 くらいには行きたかった。
しかし完全ニアフィールド、スペース的な制約が付き纏う。
そんな条件下での Radius 90HD は、恐らく最良の選択肢ではないでしょうか。
小音量でも、いやむしろ小音量だからこその高品質な音を奏でてくれます。
beyerdynamic T90 の、圧倒的な解像度には及びませんが。
でも聴いてて楽なんです、身構えなくて良いから楽しいんです。
体調万全でとことん挑むなら T90 でしょうが、普段聴きなら Radius 90HD で決まりですね。

全体

セッティングを詰めて、こうなりました。
特注の木製スタンドも検討しましたが、カッチリ硬質な音が好みなので墓石に決定(笑)。
ガラスと御影石の間にソルボセイン。
御影石とSPの間には audio-technica AT6099 で見栄えを良くしてみました。
左右
何やら、また増えた機器が有るんじゃね?
そうですね、コンパクトなアンプが欲しかったもので。
一時はコレで行こうかと思ったものの、KENWOOD KA-1100SD 君の実力は本物だった。
なので KENWOOD R-7PRO ちゃんは、寝落ち用に。
折角購入した ONKYO D-102EXG とのタッグを組んで頂きました。

安物(中古品中心)で構成した割りに、かなり満足行くシステムが構築出来ました。
これでリタイア中の KORG DS-DAC-10 が戻ってくれば完璧です。
バカな事をしたもんだと、後悔しきり。
逝ったと思ったHDDやオンボサウンドにUSB端子、全て無傷で復帰したよ。
どうか保障が利きます様に、バレません様にと願うばかり。

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。