RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

とうとう

苦手なジャンルとして、Jazzが常に筆頭でした。
苦手なだけで、嫌いなジャンルでは無いので誤解無き様。
嫌いなのはアレですよ、リズム重視で旋律が殆ど無いヤツ。
煩いとか静かとか、そんな棲み分けじゃ無いですよ。
ソコだけは譲れないので、ハッキリ言っときます。

それなりの再生環境が整うと、出来れば高音質な楽曲を欲する訳で。
そうなると、自ずとクラッシクやJazzになるのは必然。
そんなこんなで、様々な手立てを駆使してJazzの音源をゲット。
これがなかなか良いんですよね、知識が無いのでオムニバス系ばっかですけど。
Greatest Audiophile Voices と言うシリーズが有りまして、至高です。
読んで字の如く、オーヲタ向けの厳選Vo.音源集と言ったところでしょうか、至高です。
新録なのかオリジナルなのかは分かりませんが、至高です。
コアなJazzファンには「分かって無いなぁ」と言われるでしょうが、至高です。

早く戻って来ないかなぁ、WIRE WORLD 君も寂しいってさ。
DSC01321.jpg


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。