RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3519: by Kuro on 2014/08/16 at 05:36:20

居酒屋でラーメン食って、ラーメン屋で唐揚げ定食か。
変人の証明。ワシならそんなことはしません。
清く正しく、とんかつ定食。

3521: by 煽情力 on 2014/08/19 at 20:55:54

Kuroさんへ
アララ・・ココで”とんかつ定食”とは、初心者も甚だしい。
餃子定食なら「チャレンジャーだな」と微笑ましくも思うところですが。
モノには限度と言うものが有って、流石に”とんかつ定食”での600円はそれなりの結果が目に見えるでしょう。
いや別に、全く止める気など有りませんので人柱ヨロ。

3522:うつ病にかかりやすい若者はヘヴィ・メタルを習慣的に聴く傾向がある(オーストラリア研究) by Kuro on 2014/08/20 at 19:15:17

マックフェラン博士は今回の研究結果についてこう語っている。

「大半の若者はいろんな音楽を前向きな方法で聴きます。そうしたものには雑踏の喧騒を遮断するため、あるいは気分を高揚させたり、運動する時の景気づけなどの理由があります。しかし、うつ病にかかりやすい気質の若者は音楽を、特にヘヴィ・メタルをネガティヴな方法で聴いている傾向が強いといえます」

「ある人がヘヴィ・メタルのある曲やあるアルバムを何度も何度も聴き直す時、それは自分を自己疎外したり、現実から逃避するためにそうしているんですね。もしこの行為がある一定時期を超えて続けて行われる場合、それはその人が鬱や不安に苦しんでいることの兆候になっているとも考えられ、最悪の場合、自殺願望をほのめかしているのかもしれないのです。」

 博士は、親は子供の音楽趣向を把握するべき。子どもたちに良く聴くる音楽について話し合うべきだとも語っている。

「もし親が自分の子どもの聴いている音楽について心配なら、そういう音楽を聴いているとどういう気分になるのかなどと訊いてみるべきです。もし音楽を聴くことが、自分のことをネガティヴに思うことと繋がっているのなら、これは危険な状態だと考えてください。」と警告した。

若者じゃないし、ヘビメタってのでも無さそうだし、普段は心配はしてないけど、たまに心配になる時があります。
ただ単に変人ならば、それで良いのですが。

3523: by 煽情力 on 2014/08/20 at 21:05:14

Kuroさんへ
マックフェラン博士が何者かは知りません。
研究結果を否定する気も有りません。
その上でハッキリ申しましょう。
胡散臭いとしか言いようが無いと(笑)。

だってですよ、私は昨日今日メタルを聴き始めた訳じゃ無い。
40年の長きに渡っての事ですから。
恐らく博士の研究(統計?)は、上辺の破壊的なサウンドをなぞっただけの薄っぺらいモノでしょう。
ヘヴィ・メタルも細分化すると、相当数のジャンルに分かれます。

ま、ご心配無く。
私が博士の統計学から逸脱した人間か、博士事態が逸脱した人間ですから(笑)。

▼このエントリーにコメントを残す

   

ラーメン店なのに

一時の繁栄は影を潜めたものの、まだまだ置賜地方では一大勢力を誇るお店。
ハイやデスが無かったりと様々ですが、所謂”ハイらー”の一店舗。
基本は崩さぬながらも、各店舗色んなカラーを出してくる流れになってきています。
特にココは、かなり異色な感じがします。

外観

店内
店内

メニュー
メニュー

メニュー2

とりから定食 550円
とりから定食

とりから定食(横)

鶏唐揚げ

鶏唐揚げ2

鶏唐揚げ3
平日ランチタイムサービスメニューの謳い文句は伊達じゃない。
今時ラーメンでさえ、550円なのは珍しいくらいですからね。
事実この店でもラーメンは600円と言う・・・。
驚愕するまでには至りませんが、十分なボリュームは有ります。
コスパ的には完璧でしょう、7~800円で食い切れない量ってより現実的。
味も所謂「竜田揚げ」風で、ニンニクが割と効いてます。
ソースも付いてきましたが要らないでしょう、かんくらい以外は(笑)。

増税前はワンコイン、本家のラーメン・メニューが霞んでしまう程の存在感。
いやいやココはラーメン屋さんですから、皆様是非ラーメンをオーダーして下され(笑)。


ハイらーめんデス 南陽店
住所 山形県南陽市若狭郷屋508-6
電話番号 0238-40-2595
営業時間 11:30~14:00/17:00~23:00
定休日 不定休

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3519: by Kuro on 2014/08/16 at 05:36:20

居酒屋でラーメン食って、ラーメン屋で唐揚げ定食か。
変人の証明。ワシならそんなことはしません。
清く正しく、とんかつ定食。

3521: by 煽情力 on 2014/08/19 at 20:55:54

Kuroさんへ
アララ・・ココで”とんかつ定食”とは、初心者も甚だしい。
餃子定食なら「チャレンジャーだな」と微笑ましくも思うところですが。
モノには限度と言うものが有って、流石に”とんかつ定食”での600円はそれなりの結果が目に見えるでしょう。
いや別に、全く止める気など有りませんので人柱ヨロ。

3522:うつ病にかかりやすい若者はヘヴィ・メタルを習慣的に聴く傾向がある(オーストラリア研究) by Kuro on 2014/08/20 at 19:15:17

マックフェラン博士は今回の研究結果についてこう語っている。

「大半の若者はいろんな音楽を前向きな方法で聴きます。そうしたものには雑踏の喧騒を遮断するため、あるいは気分を高揚させたり、運動する時の景気づけなどの理由があります。しかし、うつ病にかかりやすい気質の若者は音楽を、特にヘヴィ・メタルをネガティヴな方法で聴いている傾向が強いといえます」

「ある人がヘヴィ・メタルのある曲やあるアルバムを何度も何度も聴き直す時、それは自分を自己疎外したり、現実から逃避するためにそうしているんですね。もしこの行為がある一定時期を超えて続けて行われる場合、それはその人が鬱や不安に苦しんでいることの兆候になっているとも考えられ、最悪の場合、自殺願望をほのめかしているのかもしれないのです。」

 博士は、親は子供の音楽趣向を把握するべき。子どもたちに良く聴くる音楽について話し合うべきだとも語っている。

「もし親が自分の子どもの聴いている音楽について心配なら、そういう音楽を聴いているとどういう気分になるのかなどと訊いてみるべきです。もし音楽を聴くことが、自分のことをネガティヴに思うことと繋がっているのなら、これは危険な状態だと考えてください。」と警告した。

若者じゃないし、ヘビメタってのでも無さそうだし、普段は心配はしてないけど、たまに心配になる時があります。
ただ単に変人ならば、それで良いのですが。

3523: by 煽情力 on 2014/08/20 at 21:05:14

Kuroさんへ
マックフェラン博士が何者かは知りません。
研究結果を否定する気も有りません。
その上でハッキリ申しましょう。
胡散臭いとしか言いようが無いと(笑)。

だってですよ、私は昨日今日メタルを聴き始めた訳じゃ無い。
40年の長きに渡っての事ですから。
恐らく博士の研究(統計?)は、上辺の破壊的なサウンドをなぞっただけの薄っぺらいモノでしょう。
ヘヴィ・メタルも細分化すると、相当数のジャンルに分かれます。

ま、ご心配無く。
私が博士の統計学から逸脱した人間か、博士事態が逸脱した人間ですから(笑)。

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。