RSS

美旋律

朝は無理とか、意味不明な見解を述べる御仁のためのソナタ(笑)

Arcangelo Corelli : La Follia Op.5-12 - ヴァイオリンソナタ ニ短調 Op.5 第12番 「ラ・フォリア」


伴奏がピアノだったり色々有りますが、どう考えてもチェンバロが妥当でしょう。
つうか、作られた時に存在してるハプシコードしか考えられません。
クラヴサン万歳、キールフリューゲルに幸有れ!
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3679: by Kuro on 2015/05/29 at 06:29:34

お呼びのようですので。
この曲は知ってますけど、演奏が単調で面白味に欠けます。
葉加瀬太郎ならどんな演奏をするだろうか、電気六弦琴ならどうだろうか、ちょっと興味はありますね。

3680: by Kuro on 2015/05/29 at 06:34:46

万歳とか、幸あれとか、そんなモン調律できるの?

3681: by Kuro on 2015/05/29 at 19:59:38

これ、煽ちゃんの?珍しいね。
やっぱりクラシックはいいね。心が落ち着きます。
「これ、よろしゅうございますとお伝えください」
と、奥さんが申しております。

ワタクシは、テクの聞かせどころで、もっとエキサイティングな演奏を聞きたいと思うのであります。

3682: by Kuro on 2015/05/29 at 20:15:54

今、3回めを聞き終わりました。
ラーメン同様、3回聞くとやっぱりこの演奏で良いのかも。と思い始めました。
バッハのバロックはロックだと思うのですが、この人、バッハよりも年上なんですね。
それならこれ以上望んだら酷ですよね。
前の阿漕さんよりはコッチがヨロシイです。

3686: by 煽情力 on 2015/05/29 at 20:58:45

Kuroさんへ
怒涛の4連コメ、お疲れ様で御座います(笑)

この曲を取り上げた一番の理由は、チェンバロ(独)・ハプシコード(英)・クラヴサン(仏)・キールフリューゲル(独Ⅱ)と、知識をひけらかす為です。
ちなみに、クラヴィチェンバロ(伊)と言う名称も有ります。
いやぁ~博識ですな(笑)

▼このエントリーにコメントを残す