RSS

別次元

最初にお断りしておきますが、サラッと聞き流すつもりならお呼びで無い。
1部と2部に分かれており、各々Part.1〜5・Part.6〜9と言う構成。
収録時間25分強の大作ですから、それなりに向き合う覚悟で臨んで欲しい。

とは言え、冗長さなど微塵も感じさせないので御安心を。
淡々と進む曲調なのに、全く飽きること無く一気に聴かせてくれますから。

Pink Floyd - Shine On You Crazy Diamond


David Gilmourのギターが奇跡的と断言できる。
出来れば一音一音、隈なく拾う為にはヘッドホンが望ましい。
え?おお!ほほう!うむむ・・・色んな発見が有って面白いですよ。

今更?って程に、誰もが聴いた事の有る名曲でしょうけれど。

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3716: by Kuro on 2015/06/16 at 20:02:14

お呼びじゃないと書いてあるので聴かなかったのですが、次のスーパーバンド(死語)があまりにツマラナカッタので聴いてしまいました。
はい、丁度半分ほどで打ち切りました。
やっぱりサラッと聞き流すお呼びでない人・・・でもなく、その後ピンクフロイドを色々聴きましたとさ。メデタシ、メデタシ。

3717: by 煽情力 on 2015/06/17 at 20:31:23

あれ?スーパーバンド(死語)の方ダメでした?
好きそうな気がしたんですけどね、50年代サウンドだし(笑)

ピンクフロイドは、プログレのバンドとしては一番好きです。
特にこの曲が入ったアルバム「Wish You Were Here 炎~あなたがここにいてほしい」は良い。

▼このエントリーにコメントを残す