RSS

日本の心 其の五 ~今日もとことん編~

さて、地区を変えましょう。
隠れ蕎麦の街として知られる白鷹町、数多の名店がひしめいています。
そんな中、私の最もお気に入りのお店がコチラです。
とは言え、訪れたのは15年振りくらいでしょうか。
しかも今回が2回目ときたら、ドコがお気に入りじゃいとツッコミが入るのは必至。
しかしそれでも敢えて宣言します、ココが私のお気に入りですと。
外観

店内
店内

メニュー
メニュー

もりそば 600円
もりそば
パーツ
太さもソコソコ黒さも程々、田舎そばにしては上品な見た目。
しかしソコが良い、奇をてらわない自然体の妙。
シッカリとした風味と共に、蕎麦の甘味が充分に感じ取れます。

濃い目のツユは、椎茸と昆布のみで鰹は使わないそうです。
食い手を選ぶ程では無いかと思いますが、かなり個性的な味がします。
それがシックリくれば、もう嵌ったも同然。
「やっぱ熊そばっしょ!」
そう叫ばずには居られぬ事でしょう、お試し有れ。


熊屋
住所 白鷹町大字高岡3869
電話番号 0238-85-4545
営業時間 11:00~14:00(売切れ次第終了)
定休日 無休

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1394: by ゴジラ on 2009/12/08 at 07:59:44

どーんと蕎麦とことん編大公開ですね!
蕎麦屋さんは店構えも味の一つですよね。
店の外観写真で、一番癒されるのは「熊屋」さんかな~
松の木にある「幼児」のプレートが懐かしいです。
それから、蕎麦屋さんで水餃子とは突飛ですな~(笑)

1395: by 煽情力 on 2009/12/08 at 19:21:05

ゴジラさんへ
外観良いですよね。
でも、以前伺った時は、もっともっとボロっちかった様な気が(失礼)。
畳なんか無くて、板張りに薄座布団って記憶が有ったりして。
長い年月のうちに、勝手に美化(?)してたのかなぁ(笑)。

▼このエントリーにコメントを残す