RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1476: by Kuro on 2009/12/29 at 22:39:22

なるほど、雰囲気はしっかり踏襲しているようですね。
これを聞くとあの店のあのマスターに意見を求めたくなるでしょうが、それはタブーですよ。

1479: by 煽情力 on 2009/12/30 at 10:41:18

kuroさんへ
あの店のあのマスター?
やっぱナンかやらかしました?
不愉快そうなマスターの顔だけが、唯一残ってる記憶。

▼このエントリーにコメントを残す

   

CopyとCoverの相違点

RITCHIE BLACKMORE と言うギタリストを語る上で外せないのが RAINBOW と言うバンド。
RAINBOW と言うバンドを語る上で外せないドラマーが COZY POWEL なのは言わずもがな。
今はもう、この世に存在しない彼の功績を称えるべくアップします。

スタジオ盤がベストと思っていた矢先、こんなモンを発見。
邦人による Cover です。

COZY POWELL FOREVER - Lost In Hollywood (RAINBOW Cover)


ほぼ Copy だろと言う意見も有ろうかと思いますが、違いますね全然。
キッチリ消化・昇華しています、ソコが単なる模写とは違うのです。
Vo. 生沢佑一/二井原実  G. はたけ  Ba. 寺沢功一  Key. 厚見玲衣  Ds. 樋口宗孝
はたけは畑違いかと思いましたが、シッカリこなしてますよ。
表面だけなぞるのとは訳が違うね、ソコがアソコとの違いでしょ。

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1476: by Kuro on 2009/12/29 at 22:39:22

なるほど、雰囲気はしっかり踏襲しているようですね。
これを聞くとあの店のあのマスターに意見を求めたくなるでしょうが、それはタブーですよ。

1479: by 煽情力 on 2009/12/30 at 10:41:18

kuroさんへ
あの店のあのマスター?
やっぱナンかやらかしました?
不愉快そうなマスターの顔だけが、唯一残ってる記憶。

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。