RSS

ベッタベタのコッテコテ

果たして、コノ曲を知らない人が居るのだろうか?
それ程までに超定番、音楽の教科書に載らないのが不思議なくらい。
今更どうこう言えるモノでは無いのは、誰しもが持つ感情に他ならぬ事でしょう。

完璧なる楽曲です、二部構成の展開が神懸かっています。
7分強と言う長さながら、全くソレを感じさせません。
ロックンロールで有りながら、泣きも共有するバラード。
歌物で有りながら、インストの緊張感も併せ持つ。
しかしながら、ごった煮なんて要素は微塵も無し。
お互いを引き立て合い、得も知れぬ境地へと昇華する様は圧巻。
なんぞ文句が有りまっか?

Eric Clapton - Layla



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1603: by 天福千里 on 2010/02/06 at 05:49:59

後半への変わり目がなんとも心地よく、その後もピアノの単純な繰り返しなんだけどカタルシスを覚えます。

こんな音を聴いてからのヘヴィメタだったのかと少しホッとしました。
でも今、コノ曲を知ってる人はそんなにたくさん居るのでしょうか?
六根清浄は平清水でしか売っていないのでしょうか?

1604: by 煽情力 on 2010/02/06 at 20:04:58

天福千里さんへ
改名なすったのですか?(笑)。

洋楽全般(苦手なジャンル除く)聴いています。
垣根を越えて聴いていた結果、落ち着いた先がHM/HRだった。
ソレを自覚したのが N.W.O.B.H.M ムーブメント勃発の時でした。
ココが私の拠り所なのだと。
”ヘヴィメタ” と言う表現は、ぎりぎりセーフ。
”ビ” とタイピングしなくて事無きを得ましたね(笑)。

▼このエントリーにコメントを残す