RSS

和洋折衷ごった煮大盛り

カバーとオリジナルが半々。
ドレもがツボを押さえていて、ヤラレタ感が終始付き纏う。
このユニットをプロデュースしたのは誰ですか?
天才なのは言うまでも無し、時代が求めていなかったのだろう。
いつになっても、決して認められる事の無い感性だったのかもしれませんが。

これを持ってくるかねぇ。
しっかりとモノにしてるのが凄い、オリジナルと思う人が9割でしょうな(笑)。
MI-KE 朝まで踊ろう

泣かないで!
あらゆるジャンルを網羅、どれもが良いセンスなのには脱帽ッス。

こう言うのを聴くと、改めて思いますね。
音楽って、やはり字の如く音を楽しむモノなのだと。
歌詞なんて、何でも良いのよ。
インストは好きじゃ無いけど、誰か上手い人が歌ってりゃ良い。
内容なんてどうでも良いし、見た目と掛け離れていても無問題。
暴言暴言、ゴメンナサイです。

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す