RSS

三瀬→由良→温海

滅多に無い、自身が助手席と言うシチュエーション。
巧みな話術で、新潟経由の岐路を選択させるに至る。
全ては我が手中に有り、やはり私は天才。

誘導したのはコノお店、例の本に載っていた一軒。
外観

店内
店内

メニュー
メニュー

ごくぶと こってりラーメン 650円
ごくぶと こってり
パーツ
合わせ技オーダーでしたが、普通に受け付けてくれました。
プラ50円は当然の報いでしょう(笑)。

こってりは、背脂で演出する手法。
未だ嘗て無い程の豚っぽさを感じました、かなりの衝撃。
良し悪しを論じるならば、圧倒的に良しの傾向。
魚介系でガツンは良く有ります、豚でガツンは初めてでした。
恐らくココも、ベースは超魚介系なのでしょう。
ソコに負けない程の動物を加える事で、緊迫したバランス感が生まれます。
どちらにも転ばないのが絶妙なのかもしれませんが、私の好みは動物に寄った方。
美味いスープ、美味い美味い美味いと3回言いましょう。

麺、確かに極太です。
やや平打ちです、茹で加減は極硬。
体調次第かもしれません、この日の私にはキツかった。
決して悪い印象は有りませんが、伊勢そばじゃ無いんだから・・・みたいな(笑)。
啜る事は出来ません、モムモム吸い上げるのがやっと。
他は、平打ちと細縮れと細ストレート。
コレしか選べる余地が無い、と言う現実。
選択肢が有る様で無いのは辛いかなぁ。

チャーシューが、下の方にゴロゴロ入っていました。
滅茶苦茶多量に混入されていました、まだ有るまだ有る・・・勘弁してって程に。
チャーシューメンの設定が無いのが頷けます。
んじゃ、肉三昧ってのはどんなんかえ?
ハイ、ゆきと氏プリーズ


めん処 久太
住所 鶴岡市湯温海字湯之尻518 
電話番号 0235-43-3315
営業時間 11:00~14:00 
定休日 月曜日 日曜日の夜(祝祭日営業で火曜日休業)

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1902: by あきにゃん on 2010/04/11 at 22:48:58

勝手にメニューを創ったら・・・創れるんですね。
そういう度胸がすばらしいですよね。決してボクは
言えないでしょう。
気になるのは大盛が+200円ということです。
ゆきとさん、『大』のも一緒にプリーズ! 

1904: by ゆきと on 2010/04/12 at 01:29:35

ここ遠すぎv-406

1905:あれれ~ by フロム*ヤマガタ on 2010/04/12 at 02:47:50 (コメント編集)

nagaokaです。
昔々に行ったことありますねー、ここ。
でも、こんなメニュー構成じゃなかったし、印象薄いよー。
背脂系もなかったと思うなー。
くそー、この前行った時スルーしてしまった。

1906:おやおや by Kuro on 2010/04/12 at 06:53:48

雲上人で上品なnagaokaさんが「くそー」だなんて。
「おくそー」ってお書き遊ばせ。
雲の上からおっこちて、僕らの世界に入ってしまうじゃないですか。

1907: by ゴジラ on 2010/04/12 at 07:44:18

庄内地区で一番行ってみたいお店です。
太麺派ですが、ちょっと考えてしまう程の極太ですね(笑
メニュー見る限りでは三種類の麺があるようですが
値段は太くなるにつれ高くなるんですね。

1908:こんにちは! by ヤチムンヤ on 2010/04/12 at 16:42:57

あ!ここ、夜釣り帰りにたまに寄ります。

太麺はまだ食べた事無いですが(すぐ品切れしちゃうんですよね…)弟が食べてるの見てたら、なるほど、食べ応えありそうな麺でした(笑)

今度食べてみます!

しかしこちらからだと温海ってある意味県内で一番遠い感じですよねぇ…(苦)

1912: by 煽情力 on 2010/04/12 at 19:10:43

あきにゃんさんへ
有るものの、組み合わせを変えるだけですから。
やれないハズは無い、やってくれるかどうかです。

ゆきとさんへ
遊佐より?

nagaokaさんへ
ココ最近ですよね、話題になったのは。
大改革でも行ったのでしょうか。
2000年の日付で、周富○さんの色紙が貼って有りましたね(笑)。
かなりの二日酔い状態での実食、それでも美味いと思いました。

Kuroさんへ
僕らって、私は入ってませんよね?

ゴジラさんへ
4種類みたいです。
細ストレートを、どのメニューで使ってるかが分かりませんね。
細縮れは、当然ながら米沢ラーメンよりは太かったです。

ヤチムンヤさんへ
新しいお店なのかと思ってましたが、結構昔から有りそうですね。
代替わりで激変ってパターンでしょうか。
置賜からだと、小国・村上経由の7号線ルートの方が近いかも。
酒田よりは近い印象ですね。

▼このエントリーにコメントを残す