RSS

G&G

どう言う経緯で組まれたユニットかは不明。
名義的にはユニットですが、グレッグ・レイクのソロ色が濃い。
数曲はゲイリー・ムーアの主張も通った様だが、全体的にはアダルティー。
世間の評価もそれなりです、ハッキリ駄作と言う意見さえ。
個人的には楽しめたアルバムです、国分寺(町じゃ無いよ)の夜が甦る。

Greg Lake & Gary Moore - It Hurts

グレッグ・レイクの声は好き。
艶が有ると思いませんか?

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1915: by Kuro on 2010/04/13 at 07:26:47

初めて聴きました。
ハッキリ言いましょう、大駄作。こんな堕落したレイクなんて…ワシは悲しい。肥満体レイクよりも悲しい。
ゲイリー・ムーアのギターは光るけど、スープと麺が全く合いません。

1920: by 煽情力 on 2010/04/13 at 17:53:40

Kuroさんへ
声質に合ってるとは思うんですがね。
如何せん、メロが詰まらないのが多い。
この曲は、哀愁漂うAORって感じでマズマズかと。
ゲイリーのギターも、らしくない音出してます。

▼このエントリーにコメントを残す