RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

言葉にできない

購入は随分と前でした。
復活の日から4日を過ぎた頃、かれこれ1ヶ月も寝かしていた事になります。
何やら、物凄く希少価値の高い一本だそうな。
しかもですよ、私の為に取って置いてくれたとなりゃぁ買わん訳にゃイカンでしょ。
正直、3割程の義務感を抱いての購入だった事をカミング・アウト(笑)。

確かに貴重な一本なのは分かりました、ネットを駆使してもヒットしません。
似た様なモノにはそこそこ到達しますが、その物には遂に・・・。
水戸部酒造謹製「山形正宗 純米吟醸 雄町 激濁(生)」。
激濁
何がどうこうって説明出来ません、上澄み飲んでポカ~ンみたいな。
ナニこれ美味いで完結ですよ、攪拌後の成り行きなど言わずとも知れたもの。
それでも尚、聞き出したい方への最後通達。
まずは飲んでみなされ ... 話はそれからだ。
とは言え、そんな機会が訪れる確率は0に等しいでしょうが。
万が一見つける事が出来たなら Fourteen Generations 並みの大枚を叩いてもゲットせよ。
あんなモン買うより、よっぽど幸せになれる事請け合い。
私と、酒バカ店主からの御忠告・・・ですよね、熊チャン(笑)。

勿体無くて、チビチビ飲もうと思いながらも次々と盃が。
コレを熱燗で試せとの訓示を頂きました。
ソレってかなり無理難題?


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。