RSS

調和

初めて聴いたのは、フレディー名義のソロ・アルバム。
結構気に入っていました、サウンドは兎も角メロが良いと。
10年も過ぎ去った頃でしょうか、何やら某TV番組の主題歌になったとか。
全く知らずにスルーして数年後、Queen名義のラスト・アルバム(だと思った)で再燃。
個々の力量が、思う存分発揮された楽曲へと変貌。
ボヘやサムボ、その他の初期の名曲群をも凌駕。
前述の、某TV番組主題歌に嫌悪感を抱く向きも有るやもしれぬが流しましょう。

Queen - I Was Born To Love You

点取り役の本田(フレディー)を中心に、ゲームを作る遠藤(ブライアン)。
シッカリと後ろで守る中澤(ロジャー)と、堅実な仕事をする長友(ジョン)。
これぞチーム・ワークの妙と言える名曲、誰が欠けても成り立つまい。
2:45からのGソロ導入部に泣き、3:13のGオブリガートに悶絶。
3:54からのプチDソロに止めを刺す、鳥肌モンの劇的展開・・・痺れますなぁ。

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す