RSS

ついでに身内対決

間違いの無いブランド(と称して宜しいので?)として、私の中では対抗馬は無いとさえ。
いや勿論の事、聖水とも崇め奉る「六根浄」を除いた俗世でのハナシですよ(笑)。
伊達も嫌いじゃ無かった、あの底知れぬ野心は魅力的。
引き際がイマイチ潔く無かったところはマイナス、孝高を見習って欲しいモノです。

ご紹介するのはコレ、またソレかと言うなかれ。
雄町は雄町でも、チョイとお待ち!てな一本ですよ。
生酛造りの正宗雄町、ホントは結果が分かりつつ購入なのですけどね。
正宗雄町 生酛造り

成る程な実力を認めざるを得ない半面、伊達的要素が過分に感じられて候。
まだまだ甘ちゃんの域を脱せず、フレッシュな新酒が生に合うビギナーなのだと痛感。
来期への期待が膨らむ胸の内を抑え切れぬ、ポン酒界のベーベちゃんだもの。

んでもってネタ振りとしてはコレでしょネ。
いつかはやってみたいと思うのは、ドチラも買った稀有な方のみの特権(笑)。
VS.jpg
差は判断し兼ねます、当たり前っちゃぁ当たり前でしょうが。
違いと言えば、サイズとか形状のみですからねぇ。
あとは視覚効果とか、思い込みによるサブミリナル的なモンで決まるでしょうな。
ソレを踏まえて結論付けるなら、初代に軍配かなぁ。
幻となった初期名が、どうしてもネックになるのは仕方無かんべ(笑)。

伝説は、今やBeer Glass として大活躍。
本来の意図とは、掛け離れさせてスマンです


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2177: by あきにゃん on 2010/10/26 at 21:49:07

山形正宗の雄町ですか?
通常Ver.は青いラベルだったような・・・。
『生酛造り』飲んでみたいですね。
雄町いいなぁ~。今、家にあるのは米鶴です。

2178: by babydriver on 2010/10/27 at 08:07:10 (コメント編集)

六根浄プレミアム?(ラベルが赤い奴)をこの前初めて飲みましたが、あのお酒うまいんですね~ 六根浄はまだ行ったことなかったんですが、今度行ってみようかと。
山形正宗生酛造り雄町。煽さんは米に拘る派なんですね。
雄町で作っても山田錦で作っても多分その差は私にはわからないだろうな…。

2179: by 煽情力 on 2010/10/27 at 21:30:58

あきにゃんさんへ
生酛造りとか云々はワカリマセン。
色々試しましたが、未だに一等賞は ”前期の純米吟醸雄町 通常バージョン”です。
別格に、激濁なんてのも有りましたが。

米鶴なんて久しく呑んでませんねぇ。
もしや「F1」とかなら羨ましいかも、味は知らんけど高いから(笑)。

babydriver さんへ
気に入って頂けましたか、六根浄プレミアム。
是非一度、平清水に足をお運び下さい。

しかし残念な事に、六根浄プレミアムは完売致しました。
3年(4年?)熟成の山田錦だったそうです。
今有る在庫は、2年物のはえぬきです。
新酒の際に受けた衝撃が忘れられません。
味も香りも無い酒と、店主自らそう評していました(笑)。
だがそれが良い!みたいに嵌りました。

雄町は、たまたま初期に気に入った酒がソレだった事が多い。
ただソレだけの理由で信仰が深まりました。
拘ってる訳では有りませんが、取り敢えず無難な選択肢として指標にしてます。
余り失敗は無い・・・様な気はします。
来期の六根浄は、きっと雄町なのだろうと期待してる昨今(笑)。

▼このエントリーにコメントを残す