RSS

無いわ~

S&G なんて、高校時代の淡い印象しか有りません。
教科書に載りそうな、優等生的楽曲の宝庫。
あくまで個人的な印象なので、突っ込む事無かれ。

Simon & Garfunkel - A Hazy Shade Of Winter

歌詞など紐解く気力も無いので、メロだけなぞります。
チョイ反抗的なアウトサイダーを気取る、そんな評価で如何でしょう。

こりゃ叩かれかねませんなぁ。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2223: by Kuro on 2010/11/22 at 22:50:45

パァ~
こらこら、もっと良い音のを探して来なさい。

2224: by 天福 on 2010/11/23 at 02:49:21

ポール師匠の悪口はあきまへん!(Gはええけど)

解散後のポール・サイモン聞いてる人少ないから
しょうがないんやけど・・・・。

2225: by babydriver on 2010/11/23 at 08:32:43

一番S&Gらしくない曲が…
歌詞が深いところがいいのに…
と、突っ込まざるを得ないわけですよ。

解散後のソロだっていいんですから!

2226: by 煽情力 on 2010/11/23 at 20:40:42

Kuroさんへ
いや、所詮ようつべですから。

天福さんへ
悪口を言ったつもりは更々無いのですが。
アップした時点で敬意を表しています。
興味が無ければ聴きもしない訳ですし。
ちなみにポールで即浮かぶのは・・・ウェラーですかね。

babydriverさんへ
やっぱ ”らしく” 無いんですね。
そんな気がして貼りました。
歌詞には何も求めません、メロ重視派なもので。
凝縮された文面から、その真意を読み取れる程の能力は持ち合わせていません。
これでもかってくらいに懇切丁寧な、超長編なら少しは汲み取れるかもなレベル。
とは言え、インスト否定派(笑)。

▼このエントリーにコメントを残す