RSS

微炭酸

初次年子も平穏無事に閉幕。
次回への期待も抱かせてくれた事に感謝しつつ、晩酌のイメージが頭を過ぎる。
その刹那、蕎麦っ食いの口から思いもよらぬ一言。
忘れていました、蕎麦っ食いは筋金入りのポン酒党だったと言う事を。
県南部を居住区とする方ならば、流れは当然読めるでしょう。
普通に帰路上に位置する町、避けて通る事は難しかろうて。
教祖に隠れての浮気相手、いや別に公認なんですけど(笑)。

定番と開拓の2本に落ち着く、自らがチョイスした一本は却下されてしまったが。
いやコッチがと、店主が推す一本をなすがままに・・・。
音的には間の抜けた感じがするのは否めません、だって ”チョウチン” ですよ。
しかしながら漢字に直せば ”長珍”なんです、てか更に間が抜けてるかも(笑)。
ドラ・ファンならずとも、中古レコード・ファンの聖地。
愛知県が誇る酒蔵、長珍酒造謹製「長珍 新聞紙 純米60% 掛・八反錦 無濾過生原酒 21BY」。
左端
新聞紙に良い思い出は有りません。
ビジュアル的にはワクワクしますが、飲んでアリャリャが関の山。
傾向としては熟成、実は余り好みじゃ無かったりする訳で。
でもコレは良い、様な気がする・・・。
初日は特に、二日目化けて急遽アップみたいな(笑)。
まだ冷やでしか飲んで無いので、トロトロはお預け気味。
燗してナンボって事も無く、普通に冷で美味し!

んじゃチョイと温めて来ましょうかね。
人肌か温燗か、はたまた熱燗なのかはお好みなのでしょう。
定番との比較を選択した私は、熱々の温度にトライ。
燗向きなのは否定しません、定番を経験する前に出逢っていたならもしくわ。
温めなければピリピリ来ます、それを損ないたく無いなら冷やで。

急遽追記
燗冷ましはその物、タップリな旨味に酔いしれ賜え!
やっぱり私には米とは感じません・・・米食わない人種なもんで。

そんな私の主観で言わせて頂けるなら、反論上等で言い切ります。

芳醇なパンの香りに相違無い!


上等とか強がりましたが、反論は全て消し去りますのでご了承下さいネ


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2260: by あきにゃん on 2010/12/16 at 21:15:28

どこのお店で買ったのか・・・。

微炭酸っていうのにあまり良いイメージがないんですが。
そういえば、神亀はどうなりましたか?

2263: by 煽情力 on 2010/12/17 at 22:15:54

あきにゃんさんへ
普通に源八さんです、面白味が無くてスミマセン。
微炭酸って程でも無い程の超微炭酸、言われなければ気付かないかも。
そう言えば、少しピリピリするかなぁ程度。

神亀は、蕎麦っ食いポン酒野郎にも見放されました。
今現在の処遇はと言うと、料理酒に使って貰えるか否かの瀬戸際。
新境地を開けるか?全く予想だにしない運命に弄ばれています、合掌・・・。

▼このエントリーにコメントを残す