RSS

肌に合う

ご当地ラーメン色は弱い、でも何故か好みの店が多い地区。
ジャンルは様々なれど、地域性って出るモンなんですかねぇ。
わざわざこの地で行く理由が見つからず、横目で眺めるだけでした。
惜しくも行き詰まり、撤退を余儀無くされた物件を引き継いだお店と風の噂で。
米沢某地の連鎖例も有るので、予断は許さぬが特攻。
ちなみに惹かれたのはココの記事、止めを刺したのはこのサイト
恐らく好みだろう、九分九厘の確信は有りました。
九割一厘は・・・とか逃げる気は毛頭有りませんよ(笑)。

んで、到着したのはコチラ。
水戸部酒造

失敬失敬、でも一度は見ておかなければならぬモノで。
真の到着はコチラです。
外観

店内
店内

メニュー(クリックで大きくなります)
メニュー

特製中華そば 太麺 800円
特製中華そば

特製中華そば(横撮り)
パーツ
事前学習の成果です、細・太有るなら言ってみます。
設定が有る無しなど気にもしません、出来ない道理が有るものか。
快諾して頂きました、心の内は如何なるものかはワカリマセン・・・が。

スープはドンピシャ好みです、鶏がらが支配気味な動物系主体。
魚介系、色んな意見が有るでしょうが弱目と感じました、私は。
寅さんの、初回訪店時に感じた印象とダブる。
南陽の新鋭、囲ろりさんに通ずるものを感じました。

太麺に変えた我が侭、功を奏するとは言い難い結果に・・・。
頑張って中細クラスでしょう、太麺とは言えません。
更に追い討ちを掛ける様に、形状がビラビラだった悲劇。
素直に行った方が幸せだっだかも、そんな人生の儚さを知った次第(笑)。

トッピング、タブを切り替えながら感じる。
チャーシュー3枚と、味玉で220円相当。
そこに価値を見出せるか否か、勝負は分かれる事でしょう。

中華そばのデフォ麺、ベスト・オーダーかもしれません。
天童市の底力、充分に感じられた一杯と言う事で締めさせて頂きます。
熊さん(ちゃんでは無い)の影は、無い様に思います。

麺や 大翔
住所 天童市北目 1-9-17
電話番号 023-674-9229
営業時間 11:30~15:00/17:00~20:00
定休日 火曜日


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2391: by ゴジラ on 2011/02/25 at 06:58:16

アハハ!
全く同じ場所で食べてますね。
しかも太陽の位置からして開店直後ですね!

太麺をオーダーするとは流石ですね~
私はビラビラ系は好きなので今度お願いしてみます(笑)
短い麺(切れてしまったような)は気になりませんでしたか?

2392: by Kuro on 2011/02/25 at 10:05:42

外観の写真で嫌な感じを受けました。
ラーメンの写真を見ると相当暗いようですね。
なぜにわざわざ暗くするのでしょう。
しかもセンスが悪い。こんな悪趣味なデザインをするデザイナーがいるんですね。

2393: by 煽情力 on 2011/02/25 at 20:56:38

ゴジラさんへ
なんか、あそこしか無いって感じで着席しました。
先客0の、凍りつく程のピリピリ感(笑)。
しかしコレが、PM13:00過ぎの出来事だとは読めますまい。
一瞬思いました、定休日?やっちまった?

短い麺って印象は無いです、大抵途中で自ら切るタイプなので。
赤湯系に有りがちな、最後に数cmの麺がユラユラ残る事も無し。
そんな事よりビラビラですよ、確か自家製ですよ・・・。


Kuroさんへ
外観の色使いですか?
或いは建築デザイン的に?
前者は元から分かりません、言われてみれば確かに余り見ないかも。
後者は知識が無いので分かりません、アントニ・ガウディとか聞いた事が有る程度。

店内、実はそんなに暗く有りません。
設定を間違えてしまったのか、有り得ない程の深緑。
なんとか修正しようとした結果がコレ、有りがちなドツボってヤツですわ、ハハハ v-390

2394: by Kuro on 2011/02/25 at 21:59:45

ドッチもです。
自作の春珍なら「変人」で片付けられますが、これがプロの手によるものであるのなら、僕の美的センスが狂っているとしか思えません。

あ、そうか、そう言えば、僕の好きなゴッホも気が触れていたとか。
もしかしてユトリロも?
あの白を基調にした色彩はやっぱり狂ってるってか?

2395: by 煽情力 on 2011/02/25 at 22:14:33

Kuroさんへ
外観に尻込みするタマには思えませんが(笑)。
オッシャレ~な外観に期待するタマにも。
先入観を捨て去る事も、時として必要になる事も有らぁな。

▼このエントリーにコメントを残す