RSS

禁断の領域

鍛える為とは言え、ここまで踏み込んでも良いのか。
自らに問い掛けながらも、踏み込んではならない一本を手にしていました。
他にネタになりそうなモノが無かった、いやソレ言っちゃお仕舞でしょうよ(笑)。

某県某市に蔓延る、肩書き番長愚酒製造所が醸してしまった「純米吟醸 雄町 しぼりたて生原酒」。
プンプン雄町

飲んで旨い純米酒にワロタ、飲まずに旨いとかエスパーですか?みたいな。
当たり前の事を、さも凄い事の様に言うのは如何なものかと。
そこで問いたい、本当に旨い純米酒を飲んだうえでの審査結果なのか。
参加出品した中での自己満足ならば、なんの意味も無い事を知れ。
逐一肩書きに加える様な、厚顔無恥は捨て置くとしても。
ウンチク三昧
開栓時のフルーティーな香りにメロメロですか?
ソコは得意技だからして、一日の長は有りましょう。
しかしその後に待ち受けているモノはと言えば・・・

甘苦くて汗臭いベタベタ感

旨い肴を蔑ろにする悪行、決して許すまじ!!!
チョイと辛辣過ぎました?(笑)。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2606: by あきにゃん on 2011/07/04 at 00:10:55

この間、何かの品評会でなかなかのお酒と評価されてませんでしたっけ?
確か、山形新聞あたりにのってたような・・・。

そういえば、雄町は間違いなし!とどこかの誰かさんが言っていた記憶も
ありますが、間違いがあったと・・・。

飲んで旨い純米酒の品評会かぁ~137点の出品ですかぁ~なるほど。
そこは『最初の一口が旨い純米酒』に変えるべきでしょう。
最初が旨くても飲み続けられなければ意味は無いですしね!!
137点の飲み比べするのですから後の方が不利ですよね~。きっとどれも
最初の個性が強すぎだと思いますので、後からはくどくなると思うので。

2607: by 煽情力 on 2011/07/06 at 23:24:46

あきにゃんさんへ
山形新聞に載ってましたね、私も見ました。
ちなみにコレ、1,300円だったのね。
まぁ妥当な価格かなと思ったら、写真じゃ分かり辛いでしょうが500mlなんだわ。
なんかさぁ、セコいにも程が有ると思いません?

教祖も呆れて見下してるでしょ(笑)。

▼このエントリーにコメントを残す