RSS

松川林

1ヶ月振りのこの地、行かぬ訳には参りますまい。
わざわざ来る気は無かったが、ついでの訪店ならば良し。
折りしもこの日は、この地が 「一年で最も活気有る期間」 の初日。
メイン会場から結構離れているとは言え、昼時真っ只中は避けるが上策。
14:30 過ぎに入店、適度な客数でしてやったり(意味不明)。
外観

暗っ!
私の様に瞳孔調整機能の劣る者にとって、晴天時の入店は厳しいモノが有る。
チョイとだけ気落ちしながら、例のモノを探す。
店内

有った、”昨日無事帰還して「ひよこ」に行ったらしい” 彼の情報に間違いは無かった。
微調整

あとはチラリと確認するのみ。
メニュー?

辛味噌らーめん 750円 (こいめ・多め・かため・別皿)
辛味噌らーめん

辛味噌らーめん(斜)
パーツ
辛味噌が乗って無いと、ビジュアル的にもスッキリしますね~(笑)。
紅ナルトには、あまり良い印象は持てませんが。
多めの設定にしたのだから当然ですが、脂浮きはかなりのモノ。
でも不思議な事に、それ程コッテリとは感じない。
サラリとした脂ですので、特にデフォのままで良いかもしれません。
こいめの設定にした味付け、全然しょっぱくは感じません。
丁度良い塩梅なのは、脂を多めにしたからでしょうか。
辛味噌無しでもイケるスープです、コクや濃厚さは希薄ですが。
「龍・金・醤」で振り分ければ、明らかに龍系統。
ただ私には、魚介系を余り感じる事が出来ませんでした。

かため設定の麺、中太ウェーブ系でツルっと感(他意は無し)が強いタイプ。
茹で加減にあまり左右されない、硬い食感の麺の様な気がします。
好みとは、少々食い違いが有りました。
トッピングに関しては、二種のコリコリ具材が余計と感じます。
麺に絡んできたのを気付かず噛んだ瞬間のイラっと感は、筆舌し難いものが有ります。
単に好みの問題です、コリコリ好きの方スミマセン。

辛味噌を溶かした方が、コクは増します。
少しづつ溶かしていくと、或る時点からコクに変化が無くなって辛味の変化のみになります。
個人差は有るでしょうが、私は四分の一ほど投入時点で到達。
そのポイントを見極めれば、幸せになれる事請け合い。
辛いほどウマイ、その感覚は分からない男の戯言でした。


味噌屋 三男坊
住所 米沢市徳町4-48-1
電話番号 0238-22-0019
営業時間 11:00~15:30(L.O.15:20)/17:00~20:00(L.O.19:50)
定休日 年中無休

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
316:9日間 by イエローマン on 2009/04/30 at 10:53:51

一声掛けてほしかった。
どこかで連続記録を断ち切りたい。

319: by ひよこ彼 on 2009/04/30 at 23:13:23

この店、混むと相席の場合、ついたてを立ててくれたのは良かったです。
中間にある箸を取ろうとすると手がニュッと出てきてビックリしますけど(^-^;
ところで、江戸カレンダーの赤い日でも?

323: by 煽情力 on 2009/05/01 at 00:44:39

イエローマンさんへ
だって、上杉祭りに三男坊ですよ。
行くとは思えないですって。

たんまり稼いで来たヒヨコマンさんへ
>ところで、江戸カレンダーの赤い日でも?
暗号だね、解読すれば・・・。
江戸久ツアーの日程は日・祭でどうでしょう、奢りますよ。
完璧ですか?

▼このエントリーにコメントを残す