RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

人間って良いなぁ

ハモネプとかも大したモノだと思います、リズム隊の再現力には舌を巻く。
でも弦楽器系に関しては、あんま無いですよね。
色んな鍵盤電子楽器でその項目は有るんですが、ドレもがナンだかなぁってレベル。
演奏法で違ってくるのかもしれませんが、そう言う解説的音源・映像でもたかが知れてる。

たまたま、ホント珍しく観ていたTV番組で紹介されてました。
口真似ギターとかナニソレみたいな、失笑モンだろうと思った矢先・・・。
衝撃などと言う、有り触れた表現では語れぬ程のインパクト(ほぼ同じニュアンス)が。
二度見どころか三度見・四度見、いや二度聴きでしょうか。
思わず目を閉じて聴き入りました、Parisienne Walkways だった事にも起因していますが。



兎にも角にも、出だしで身震いします。
途中で本物が絡んでくると、あぁ声なんだと識別出来てしまいますが。
でもドッチが良いかと問われたら、寧ろ声だからして歌ってるよね。
ロング・サスティーンには、酸欠と言う限界が有るのでもうチョイって物足りなさも有ります。
それを差し引いても、ノイズ成分すら表現してる辺りは凄過ぎです。
どっかのバンドからのオファーも、ここまで極めてれば有るんじゃね(笑)。

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。