RSS

何故に再び?ソレには深い訳が・・・

余りにも個性的、好みが分かれて当然な異端酒。
ハマったら最後、抜けるのは極めて困難。
そんなハジけ振りを披露してくれた事に感謝、そしてサヨウナラ。
早過ぎる終焉に、誰もが動揺を隠せないでしょう。
1年かよ!単発かよ!!そりゃ無ぇべ!!!
何処か見知らぬ町で、もしや復活かもしれんが知らねぇよ。
偏屈なのは分かったから、勝手気ままに生きてくれ賜へ。



前回も言いましたが、コレは日本酒の域から外れています。
良く例えられる、アノ忌まわしきワ○ンへと限り無く擦り寄った味わい。
しかしながら日本酒的製法から来る産物なのか、ワイ○特有の苦手な ”渋み・エグ味” を完全払拭。
私の好きな部分だけを残した、見事な日本○イン酒を現実化してくれました。
1,798円と言う価格を抜きにしても、そして使用米が多用途米だとしてもアリです、いやアリでした・・・。

現在、同蔵では絶賛醸し中との事。
造り手は、また別の方らしいです。
継承?革新?その辺は、未だ謎に包まれて居る・・・。

※ 蔵には在庫有り、取り寄せはまだ可能

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2944: by あきにゃん on 2012/02/27 at 21:59:49

で、何が幻なんですか

2946: by 煽情力 on 2012/02/28 at 20:04:54

あきにゃんさんへ
そうなるかもの仮定です。
恐らくは、次作は別モンになってると思います。
銘柄名も無くなるんじゃないでしょうか。

▼このエントリーにコメントを残す