RSS

甘美

久保田はラッキーだったアノ日。
「お奨めは?」
「えっと・・・」
何種か説明してくれましたが、初っ端以外は聞いちゃいません。
2つめ以降は ”ついで” な事は百も承知。
商売っ気見え見えのお店じゃ、諸刃の剣になり兼ねませんが。

貴方を信じようぞ!
米沢は上郷地区に居を構える酒蔵、新藤酒造謹製 「雅山流 極月
雅山流
袋取り純米大吟醸、精米歩合40%を誇る逸品。
通常時の2.5倍超の価格也の価値は、十二分に見出せます。
二分すれば、完璧に甘口なのですが・・・。
淡麗甘口と言う、新たな道を模索させてくれる切っ掛けになり得る一本。
サラリと飲める口当たりに、フワっと香る吟醸香は素晴らしい。
食後酒として、ジックリ飲みたい様な酒ですね。

こんなのや・・・
鰹

こなのにも、負けやしないです。
レバー

私の身体が負けるかもですが ┐( ̄ヘ ̄)┌

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
350: by イエローマン on 2009/05/04 at 07:34:05

レバーが好きだねぇー。
嫌いな人が多いけど、やっぱり変人なんだね。

僕も鰹が好きです。
春の鰹と秋の戻り鰹と二度楽しめるし。
これは戻り鰹ですね。
初鰹はそろそろかな。

352: by ゆきと on 2009/05/04 at 08:09:28

雅山流は甘いでしょう
飲み口はいいんだけどね
レバー食べたい

354: by 煽情力 on 2009/05/04 at 19:59:00

イエローマンさんへ
レバーは良いですよ、ビールにゃ最高。
鶏レバーの方が好きなんですけどね。

ゆきとさんへ
ハイ、甘かったです。
んでもね、あのクラスになれば関係無いですね。
金さえ出しゃ、甘くても辛くても美味いのだと言う事に気付きました。
貧乏人レベルでの拘りだったのかと、少し寂しく思ったりして(笑)。

▼このエントリーにコメントを残す