RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

朱塗り

私の場合、武田(山県)よりも井伊のイメージが強い。
真田に至っては、へ~そうだったんだ的な...。



別添たれが光る一品、つうか無いとナンともならんとも言えましょうか(笑)。
忘れてて、入れずに食べてましたよ半分くらい・・・。
基本のスープ、こってり感は希薄です。
濃厚さもいまひとつで、非常に物足りない。
豚も鶏もドッチ付かずの、ぼんやりした感じ。

でもガッカリしなさんな、別添たれを投入すると化けます。
魚介系の強いタレが、コクとパンチをもたらしてくれます。
若干しょっぱくなってしまいますが、そこはホレ例の〆が生きる事に。

麺?えっと・・・有りましたっけ?


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。