RSS

マニア垂涎?

コレクターと言われる方々の心中、とてもお察しし兼ねる程度の凡人です。
もの凄く興味の有るジャンルに置いてさえも、なるべくお金を掛けずの精神を貫いてますし(笑)。

例えば音楽、CD時代を遥かに通りすぎたネット社会の今では考えられない事が嘗て。
アナログの極みと言えるのか、所謂LPレコードってヤツ?
1985 などと言う、どんだけ遡るのかと言われそうなアノ頃。
鹿児島の仙人に引きずり込まれた世界は、果てし無くディープだった・・・けど楽しかった。
東奔西走したもんです、中部から関東程度でしたが。
かじって間もない輩には、音源聴けるだけで昇天出来た。
ソレくらいなら発売時の60%~120%で済みました、運良く見つけられたならですけどね。
でもコレクターは次元が違うんですよ、初回盤しか認めないとか平気で言うの。
10倍、いや100倍だろうが厭わないんだってさ。
それってやっぱり・・・そう思う気持ちは痛いほど分かります。

でもまぁ人それぞれなので、そう言う事を違う立ち位置から真っ直ぐ見ちゃいけないんですよ。
苦言を呈したところで、何も変わりゃしませんって個人ブログ如きじゃ。
美味しくなって欲しいとか、変に温情出すから疎まれる。
放って置けば良いんですよ、いずれ淘汰されるんですから。

えっと・・・ナンの話でしたっけ?
見るかは知らねど一応書いとく、気付くかどうかは裁量次第。
アッサリ寝返られても、ソレはソレで少しガッカリかも(笑)。



4代目六根浄のお目見えです、今回は王様を使用してきました麹米に限りですが。
なんだかんだのトラブルで、掛米には ”出羽燦々” を余儀無くされたらしいです。
が、しかし!他の蔵ならいざ知らず、酒米に左右される程ヤワじゃ無い。
正直なところ、若干萎えましたよイメージ良くないモン燦々は。
でも流石ですよ信じてましたけど、やはり酒米云々じゃ無いね。
造り手の技量と方向性が、自身の好みにマッチした瞬間の得も言われぬ喜び。
何事にも代えられぬ至福の時を堪能するが良い!

歴代トップの骨太テイスト。
日本酒にはチョイとうるさいよ!” さんも 「あぁ・・まぁ結構良いんじゃね」 と言わざるを得ないでしょコレは(笑)。
飲み過ぎ注意、ついついもう一杯ですよね~。

旧ラベルと新ラベル、中身は同じを同時購入。
エラー紙幣とかエラーコインなら、今頃ウハウハだったかもしれません。
「4代目 六根浄 ラベル違い」 限定1本、高値で引き取る奇特な方は居られませんかねぇ(笑)。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2998: by Kuro on 2012/04/21 at 06:42:11

日本酒には全然うるさくないKuroさんからプレゼントをお届けします。
留守でも構いません。家に置いてきます。
マニア垂涎かどうかは知りません。
「あぁ・・まぁ結構良いんじゃね」と言うかどうかも知りません。

2999: by 日本酒は好きなんですあきにゃん on 2012/04/21 at 11:53:11

わーい ヽ(・ω・)ノ 起死回生の戯言メインが久しぶりに登場だ!

しかも六根浄!
あれ?うすにごりとか本生はどうされたのですか?
これから徐々に出てくるのでしょうね(期待大)

出羽燦々ってイメージ良くないんですか!?
さすがは煽さん。ボクは全く解らなかったですよ・・・それだけ飲んでないと
いうことか(泣)。

3000: by 煽情力 on 2012/04/21 at 22:03:40

Kuroさんへ
まさかまさかの銘柄にビックリでした。
ヘタなモン持って来られてもとか、内心ビクビクでしたから(笑)。

あきにゃんさんへ
ええ勿論ですとも、これから徐々に出して行きますよ。
しかも私ならではの、希少価値の有る1本も登場しますからお楽しみに。

出羽燦々に関しては、あくまでイメージつうか偏見ですから。
たまたま飲んだ巡り会わせが悪かったんでしょう、きっと。

3001: by あきにゃん on 2012/04/21 at 23:12:49

Kuroさんの銘柄が気になる。

煽さんならではのは、蔵人考じゃなかったでしたっけ(笑)。

河岸やにもええ日本酒揃ってまっせ。

3002: by 煽情力 on 2012/04/23 at 22:15:53

あきにゃんさんへ
黄さんの甥子さんが係わった酒だそうです。
安く買えたんじゃね?とか言ってましたけど、そんなに甘いモンじゃ無いよね多分。

私ならではと言うか、私だから特別に売ってくれたみたいな?
まぁそんな風に思っときゃ日々幸せなのですよ(笑)。

▼このエントリーにコメントを残す